読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マチュピチュ村まで、スタンドバイミーしました!

HOLA!マチュピチュ村にたどりつきました、AYA(@ponvoyage)です。

メインブログはこちらです→Pon voyage!

 

マチュピチュ村にやってきました

 

f:id:ponvoyage:20170121131037j:plain

 

メンズ2人をホテルにつれこんでます!笑

っていうのは冗談で、マチュピチュ村でのシェアメイトのふたり、あきくん(ヒゲのひと)とひろきくん(ダンサー)です。あきくんはアラサー仲間、ひろきくんはピチピチの大学生!

 

かの有名なマチュピチュ遺跡。

そこへ行くには、鉄道(すごい早いけどとにかくすこぶる高い)もしくは乗り合いバン+徒歩(すごい安いけどすっごい怖い)のどちらかのルートでマチュピチュの手前のマチュピチュ村まで行って、そのあと遺跡に行く、っていうのが一般的なんですが。

 

わたしはお金もない貧乏バックパッカーなのでもちろん安い方を選択。これだと、約7時間の乗り合いバンでの移動のあと、3時間の徒歩での移動。線路の上を歩いていくので通称スタンドバイミーロードと呼ばれています。なんかやりたいでしょ?スタンドバイミーとかいうと。やってみたいでしょう!

 

前日に乗り合いバンの申し込みをして、朝7時半から8時にピックアップだったので待っていた時に、あきくんとひろきくんが話しかけてくれました!ふたりとも一人旅同士。スタンドバイミーロード仲間がこんなにも早く見つかった\(^o^)/

 

そのあと「アツイ、アツイ、ニホンジン、コンニチハ!ノーサムイ!アツイ!」と連呼してるすごいうるさいおじさんにピックアップされ、バンに乗りこみ。運転手の隣にあきくん、はじっこにわたし、と前に乗り込んだら、ドライバーがあきくんに「隣は女性がいいからお前は席を変われ」と。笑

 

そのあともガソリンが全くないのに走り続けたり、やたらと車内の音楽を気にしたり、うねうねカーブの道でもっさもっさとコカの葉っぱ食べだしたりとなんだこいつは!?ってドライバーでした。笑

 

さて、この乗り合いバンで行く道。

はっきり言って最低です。

もう、何度死ぬかと思ったことか。高くてもいいから電車にすればよかったと思ったことか…。

 

なんていうか、とにかくずっと崖っぷちを走るんです。ほんとに山の上の上のそのまた上まで。その道はぐねぐねした急カーブが続いていて、ガードレールはなし。ひとつ間違えば谷底に真っ逆さま、命はありません。

 

上の方まで来るともう雲の中を走っていて、人間が来ていいところなの?とか考えてしまうほど。真っ白な中を突き進みます。

 

マニュアル車なんですが、急カーブ続きなのにやたらと4速にいれるし、5速のままカーブ曲がったりするし、減速するの遅いし、コカの葉っぱ食べるし、音楽やたらいじるし、ほんとうに不安なドライバーだった…。

 

最後の1時間はとくに最低で、崖っぷちに加えて舗装なしのガタガタ道、もちろんガードレールなし。落石も多数。いつ落ちて死ぬのかとほんとうにヒヤヒヤしました。7時間と長い道のりですが、落ち着いて入られたのは最初の2時間くらい。あとの5時間は、地獄でした。

 

もうこんな乗り合いバン二度と乗りたくない、いや乗るもんじゃないとと本気で思いました。明日乗って帰らなきゃいけないんだけど。

 

やっとこやっとこ、バンで水力発電所まで着いたら、今度は徒歩で2時間ちょっと。

線路の上を歩きます。

 

途中こんな鉄橋を渡るんですが。

f:id:ponvoyage:20170121131654j:plain

これ、下はかなり流れの速い川です。落ちたら死にます。高いところは苦手です。本気で泣きそうになるくらい怖かったです。スタンドバイミーロードを選んだ自分を呪いたくなりました。

 

みんなスイスイ歩いて行くけど、わたしは怖かったので隣の徒歩用の道を。しかしこれも相当怖い。泣きそうになりながら歩いてたら、後ろから来たフランス人が手を引いてくれました。彼女いたのに。笑

 

この橋ももう二度と渡りたくないと思いました。…明日もここ渡らないと帰れないけど。

 

途中電車が通ります。この時だけテンションアップ。

f:id:ponvoyage:20170121131420j:plain

 

と、こんなかんじで徒歩ルート無事歩き終わり、マチュピチュ村にイン!そこから3人で、25ソル(875円くらい)で泊まれる宿探し!他にも日本人を見つけてみんなで聞き込みしましたが、結果的にトリプルルームでひとり25ソルでいいよと言ってもらえた宿にチェックイン!

 

ここマチュピチュ村には、実は温泉(水着で入る)がありまして。わたし知らなかったんですけど、ふたりが行きましょう!というのでついていきました〜。汗でべたべただったしね。

 

ひとり20ソル。水着レンタル3ソル。

こんなかんじ。温泉プールみたい。

f:id:ponvoyage:20170121131935j:plain

ひとつだけあったかいところがあって、ほんとうに癒された〜!きれいかどうかは謎ですが、体がぽかぽかになりました。

 

そのあとはあきくんとチャーハン食べに行って恋バナを。笑

知れば知るほどおもしろいあきくん。笑

そしてチャーハンとワンタンスープ、おいしかった♡

 

明日は4時起きでマチュピチュへ行ってきます。

さっきひどい雨が降ったけど、どうか晴れますように…!

 

おやすみなさい。