リュブリャナに住みたい!!!

Dober dan!現在地はボスニア・ヘルツェゴビナのモスタール、AYA(@ponvoyage)です。

メインブログはこちらです→Pon voyage!

 

 

スロベニアリュブリャナからクロアチアザグレブに向かうバスの中でこの記事を書いていたんですが、このバス、朝8時半発で、頑張って早起きして駅に来たのに、なんと3時間半遅れ!笑

 

 

いや、遅れることはよくあってもそんなに遅れるか?笑

 

 

運転手から送られてきたメールに「頑張って早く着けるようにするね!」と書かれていて、しゃーないから再び観光してました。笑

 

f:id:ponvoyage:20170605033810j:plain

 

そういえば、キンカンなくなっちゃった…ガクブル

 

スロベニアの首都リュブリャナでカウチサーフィン!

 

さて、スロベニアという国ですが、みなさんどんな国か知ってました??

 

 

わたしは全然知りませんでした。

 

 

スロベニアは旧ユーゴスラビアの、イタリアの隣の小さな国。

 

 

ただ、イースター島で同じ宿に泊まってたゆいさんが、スロベニアに行ってて気になってた、ってだけで、特にどんな国かとかは全然調べてませんでした。

 

 

とりあえず、行っとこう、くらいの気持ち。

 

 

結果的にわかったことをまとめると、

 

  • 首都リュブリャナもとにかく自然がいっぱい

  • 人が優しい。加えてみんな英語ペラペラ

  • 驚くほどではないけど物価安い。

  • 家賃は2LDK広いバルコニー付きで500ユーロほど。

  • 都会過ぎず、田舎過ぎず、本当に丁度いい!

  • どこを歩いても、たとえ夜中でも安全。本当に安全。空気でわかる。

  • 天気も気候もさいっこう!!!!(冬は寒い+日照時間短いけど)

 

という感じ。どうですか?

 

 

ここでは、マルコという男性の家にカウチサーフィンすることが決まってました。

 

 

ついこの間、タンザニアでカウチサーフィンして少し嫌な思いをしたから少々どきどき。

 

 

早朝5時にリュブリャナについたから、朝マックして、明るくなってからマルコの家に向かいました!

 

 

家で出迎えてくれたのは、マルコとマルコの彼女のマヤ。

 

 

ふたりとも物腰が柔らかくて、すっごく素敵なふたり!

 

 

朝早かったのに、快く迎え入れてくれて、紅茶を入れてくれて3人でバルコニーのソファでまったりおしゃべり。

 

 

天気が良くて、マンションの中庭は緑がいっぱいで、鳥の鳴く声が聞こえて…

 

 

もうこの時点でスロベニア大好きになりました。笑

 

 

やっぱ、その国の印象って人で決まるよなぁ。

 

 

そのあと、マヤがリュブリャナの街を案内してくれたよ。

 

 

これはリュブリャナの中心にあるピンクの可愛い教会♡

f:id:ponvoyage:20170605045846j:plain

おいしいアイス屋さんも教えてくれたから、さっそく行った!!

f:id:ponvoyage:20170605050000j:plain

フリーのチョコレートトッピングもあって、めちゃうま♡

 

 

そのあと家に帰って、3人でランチ。

 

 

スロベニアってどんな国かよくわからなかったけど、みんなネイティヴ並に英語できるし、スロベニア語しか通じない!みたいなこと全くないから安心!

 

 

マルコはオペラ会場で働いてて、フリーのチケットがあるからってマヤとマヤの友だちと3人で夜に見に行ってきたよ。

 

 

「FIDELIO」字幕あったけど早すぎて追えないし、あとであらすじ探したけど誰が誰だったのかよくわからなかった!笑

 

 

でもやっぱ本場オペラはすごかった!!行けてよかったな。

 

 

マルコ、マヤ、ありがとう♡

 

 

次の日は、スロベニアの有名な観光地ブレッド湖へ。

 

 

マヤが、バスよりも安く行ける方法手配してくれて、結局片道タダで行けた!ラッキー!!

 

 

ブレッド湖は、水がほんっとにきれいで、魚もたくさん泳いでて癒された…。

 

f:id:ponvoyage:20170605051529j:plain

 

 

マイナスイオンたっぷり摂取。

 

 

そのあとは船で真ん中の島に行って教会見たり。

f:id:ponvoyage:20170605051714j:plain

リュブリャナに帰ってからは、街の真ん中の丘にあるお城に行こうと思ってケーブルカーへ。

 

 

お城に行きたかったんじゃなくて丘からの景色が見たかったから♡

 

 

上には、カフェやくつろぎスペースもたくさんあって、この国は一体なんなんだ!?素敵すぎる!!と感動を隠せない!!

 

 

下に降りてからは、マルコが教えてくれた毎週金曜日にあるというフードマーケットへ!

 

 

日本でも代々木公園とかでよくやってる◯◯フェスみたいに、いろんなお店が自分の店の食べ物を出してるの!

 

 

それも別に高くなくて、ひとつでめちゃくちゃお腹いっぱいになる量。

 

 

友だちとかと行ってシェアすればいろんなものが食べられる!!

 

 

わたしはひとりだったけど、ムール貝とお花のチーズケーキを食べました!

 

 

あーおいしかったなぁ(T ^ T)♡

 

 

そのあとマルコたちの家に帰ってだらだらし、実はその日はマヤの誕生日だったからバースデーパーティに出かけました。

 

 

正しくはバースデーピクニックかな?

 

 

川沿いでみんなでワインやビールで乾杯。

f:id:ponvoyage:20170605051819j:plain

夏のヨーロッパは日が長くて、この時期でも日が落ちるのは8時半、暗くなるのも9時くらい。

 

 

その時点ですでに嬉しくて楽しいのに、大好きなピクニック!

 

 

マヤの友達がたくさん、最終的には15人くらい?集まってわいわい。

 

 

みんな当たり前に英語ができるから、問題なく会話できてよかった。

 

 

日本の男尊女卑の問題や、宗教について。仕事について。わたしの地元・北海道について。家族について。

 

 

わたしの乏しい英語力じゃボキャブラリーが足りなさすぎて困ることも多かったけど、みんなじっくりと聞いてくれ、伝わらない時でも「こういうこと?」とか聞いてくれる。

 

 

特に男尊女卑や宗教の話題なんて、いままでは、すごく難しくて本当は言いたいことはあってもどう伝えたらいいかわからなくて、でも今回はそれでもなんとか言葉にしようと思って頑張ったら、みんなゆっくりじっくり聞いてくれるからいつもより自分の意見を言えた気がする。

 

 

気のせいかもしれないけど英語力ちょっと上がった気がした!

 

 

みんなといろいろ話して楽しかったし、みんなの住むスロベニアという国のことを知るのも、自分の国を知ってもらうのもすごく嬉しいなぁって感じたよ。

 

 

何回も言うけど、その国の印象って本当に人で決まる!!

 

 

わたしが、「スロベニア住んでみたいな。本当にいい国!!」と言うと、マヤが「うんうん。みんなそう思ってるよ!」って笑顔で答える。

 

 

ずっとスロベニアで生まれ育ってきたマヤが、心からそう答える「スロベニア」に本当に惹かれた!

 

 

本当にいつか少しだけでも住んでみたい!!

 

 

またみんなに会いたいし、もっとこの国のこと深く知りたいしここの生活に溶け込んでみたい。

 

 

そう強く思ったAYAなのでした。

 

 

なんかね、個人的な意見ですが、リュブリャナの後クロアチアの首都ザグレブも寄ったんだけど、ここも雰囲気がすごくよくって、なんだか東欧って、観光よりも暮らしたくなる魅力があるなって感じた。

 

 

西ヨーロッパは観光!!って感じでみどころたくさんあるけど。

 

 

東ヨーロッパはそうじゃない。もっと生活に近い魅力。

 

 

気になった人は、ぜひぜひ行ってみてください、スロベニア

 

 

わたしも、いつかまた絶対に戻ります!!決めました!

 

 

それでは、今日はこのへんで。

ちゃお〜!